CAR MANIAX

日産 ジューク にハイブリッド、市街地燃費は40%向上

日産自動車の欧州部門は6月6日、『ジューク・ハイブリッド』(NissanJukeHybrid)を今夏、欧州市場で発売すると発表した。  新世代のハイブリッドパワートレインは、ルノーグループと共同開発された。日産製の1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、最大出力94hp、最大トルク15.1kgmを発生する。日産製の電気モーターは、最大出力49hp、最大トルク21kgmを引き出す。ルノー......continue »

「水素ヤリス」に試乗、乗り味は意外にも—気体水素燃焼エンジンを搭載

スーパー耐久レースではルーキーレシングから#32ORCROOKIEGRCorollaH2concept(いわゆる「水素カローラ」)が参戦していて、毎戦その進化に大きな話題が集まる。今回、同じ気体水素を燃料に使用した車両に乗ることができた。  昨年の富士24時間から参戦を開始した水素カローラ。その進化はものすごい速さだ。ラップタイムも早くなり、給水素の時間も短縮されている。関係者の情熱がもの......continue »

ポルシェ『パナメーラ』はEV化せず! MHEV&PHEVで進化か? 次期型登場は2023年後半

ポルシェは現在、4ドアスポーツクーペ『パナメーラ』次世代型を開発していると見られる。スクープサイト「Spyder7」のカメラが、その最新プロトタイプを捉えた。  ニュルブルクリンクでの高速テストに出現した2台のプロトタイプをよく見ると、それぞれが異なるタイプの車両であることがわかる。どちらも同じ10スポークの合金ホイールを装着しているが、バンパー、スポイラー、排気管のセットアップが異なって......continue »

インテグラ、16年ぶりに復活…5ドアのプレミアムスポーツコンパクトカー

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは6月2日、新型『インテグラ』(AcuraIntegra)の納車を米国で開始した、と発表した。  ◆5ドアのプレミアムスポーツコンパクトに  ホンダ・インテグラは1980~1990年代、日本市場において、若者向けのスポーツクーペ&4ドアハードトップとして人気を集めた。3代目と4代目には、高性能グレードの「タイプR」が設定された。しかし、ホンダは20......continue »

「エンジン車の延長」という発想から抜け出せていないEVの現実…「EVの本質的な価値」とは

今春、ショートサーキットや敷地内での雪上走行などで先行試乗したトヨタ『bZ4X』とスバル『ソルテラ』の、公道での試乗会が実施された。トヨタとスバル初のBEV(バッテリーEV)で初の公道、初の長距離走行となったが、そこで改めて浮き彫りになったのはEVの本質的な価値と、エンジン車の延長という発想から抜け出せていない現実だった。  航続距離のカタログ数値は目安でしかない  今回は、トヨタとスバ......continue »

実質再エネ100%電力によるEV向け高出力充電器の実証開始…ENEOS

ENEOSは6月6日、太陽光発電および蓄電池を活用した実質再生可能エネルギー100%電力による電気自動車(EV)向け高出力充電器の実証をDr.Drive横浜港北インタートラックステーションにて開始した。  ENEOSは、2040年グループ長期ビジョンにて、低炭素・循環型社会への貢献を掲げ、次世代型エネルギー供給・地域サービス事業を育成・強化を図っている。全国のサービスステーション(SS)に......continue »

ベテランオーナーならでは…ポルシェ カイエン 後編[インストール・レビュー]

ラゲッジに“ポップ”をテーマにしたデザイン処理を施した中溝さんのポルシェ・カイエン。フロントステージには超ハイエンドスピーカーをインストールして高音質とデザイン性を両立。福井県のcustom&carAudioPARADAが腕を振るった取り付けに注目だ。  ◆フォーカルを使いフロント3ウェイを構築  Aピラーは特徴的なスピーカー取り付けを実施  蛍光色やワンオフしたワッペンを使っ......continue »

ランドローバー ディフェンダー、エリザベス女王と英国赤十字に献上へ

ランドローバーは5月31日、新型『ディフェンダー』の3列シート仕様『ディフェンダー130』(LandRoverDefender130)の特別モデルを、英国のエリザベス女王と英国赤十字社へ献上すると発表した。  ランドローバーは、エリザベス女王の在位70年を祝し、特別なディフェンダー130を女王陛下と英国赤十字社へ献上する。ランドローバーのエンジニアが、女王陛下がパトロンを務める慈善団体の担......continue »

EVのHWエレクトロ、アフターサービスを整備…補修協会の正会員に

電気自動車(EV)ファブレスメーカーのHWエレクトロは6月1日、日本自動車車体補修協会(JARWA)の正会員になったと発表した。これに伴って全国規模での商用EV『エレモ』のアフターメンテナンスサポート体制の確保や、メンテナンスが可能になる。  JARWAはEVのメンテナンスに不可欠な「固有の整備手法」や「安全対策手法」などに関する具体的な整備情報や整備案件を、ヤマダ電機とともに「ヤマダ車検......continue »

ENEOS、EV充電サービスの運営開始…NECから事業継承

ENEOSは6月6日、NECから電気自動車(EV)充電サービス事業を継承し、EV充電器約4600基(普通充電器・一部急速充電器含む)の運営を開始したと発表した。  日本政府は、2050年カーボンニュートラルを目指し、EVを含めた電動車の普及を促進するため、2035年までに新車販売における電動車比率を100%とする方針を打ち立てている。また、インフラ面では、2030年までにEV急速充電器3万......continue »

BMW 1&2シリーズ 、欧州で選べる「カラーバージョン」

BMWは5月25日、欧州向けの『1シリーズ』(BMW1Series)と『2シリーズグランクーペ』(BMW2SeriesCoupe)に、「エディション・カラーバージョン」を設定し、7月に欧州市場で発売すると発表した。  エディション・カラーバージョンは、「Mスポーツ」をベースに、高品質のメタリック塗装仕上げと2色のレザー内装を用意した。ボディカラーは、マット塗装の「フローズンピュアグレーメタ......continue »

メルセデスAMG、F1譲りのV6ターボ+4モーターで1063馬力…電動ハイパーカー『ワン』発表

メルセデスベンツの高性能車部門のメルセデスAMGは6月1日、新型ハイパーカーとして開発を進めてきたメルセデスAMG『プロジェクトワン』の市販モデル、メルセデスAMG『ワン』(Mercedes-AMGONE)を発表した。  ◆0~100km/h加速2.9秒で最高速352km/h  メルセデスAMGワンは、メルセデスAMGの創業55周年を記念し、F1技術を搭載した公道走行可能なハイパーカーと......continue »

BMW『iX1』、X1 新型のEVは313馬力ツインモーター搭載

BMWは6月1日、新型EVの『iX1』を欧州で発表した。同時にデビューした新型『X1』のEV版だ。  ◆1回の充電での航続は最大438km  iX1には、第5世代の「BMWeDrive」テクノロジーを搭載する。最初に発売される「xDrive30」グレードには、前後アクスルにそれぞれ1個のモーターを搭載し、4輪を駆動する。モーターは最大出力313hp、最大トルク50.4kgmを引き出す。 ......continue »

アルピーヌ、ブランド創始者の生誕100周年を祝福… A110 に「ジャン・レデレ」

アルピーヌ(Alpine)は5月30日、ブランドを創設したジャン・レデレ氏の生誕100周年を祝福し、『A110』に100台限定で「ジャン・レデレ」を設定すると発表した。6月1日、フランス本国での受注を開始している。  ◆ジャン・レデレ氏のお気に入りのボディカラー  この限定車は、ジャン・レデレ氏のお気に入りの色の「モンテベロ・グレイ」のボディカラーに、グロスブラック仕上げのルーフを組み合......continue »