CAR MANIAX

トヨタが『GRクラウンスポーツ』を計画中!? 新たな高性能フラッグシップSUV登場となるか

独自のラインアップを拡大しつつあるトヨタ直系のスポーツカーブランド「トヨタGAZOORacing(GR)」。そのフラッグシップSUVとして『GRクラウンスポーツ』を計画している可能性があるという情報を、スクープ班がキャッチした。  GRの高橋智也社長が、海外メディアに向け「一部の顧客はスポーティなモデルを必要としているが、(多くは)その実用性からSUVを望んでいる」と語ったことから、SUV......continue »

ブリッツの「テレビナビジャンパー」に『ヤリス』の適合が追加

チューニングパーツメーカー・BLITZ(ブリッツ)が販売中の「TV-NAVIJUMPER」(テレビナビジャンパー)に、トヨタ『ヤリス/ヤリスハイブリッド』の適合が追加された。税込価格は2万7280円。  「TV-NAVIJUMPER」は走行中でも同乗者のテレビ視聴が可能になるだけでなく、カーナビでの目的地設定を可能にする電子パーツ。車両側の配線を切断したり加工することが一切不要なので、完全......continue »

爆光液晶採用、ネオトーキョーのデジタルミラー型ドライブレコーダー「ミラーカム3」にGPS付モデルが登場

ネオトーキョーがデジタルミラー型ドライブレコーダー「ミラーカム3」のGPS付モデルを発売開始。同社オンラインストア税込価格は3万5800円。  ミラーカム3は液晶画面の輝度を大幅に高めることで、これまでのミラー型ドライブレコーダーでは見にくく不満が多かった晴天日中の表示をより見やすくしたモデル。その輝度は晴天のオープンカーでもまったく問題なく使えるほどで、夜間やトンネルに入った際にまぶしす......continue »

慶洋エンジニアリング、BMW対応の新型APPCAST発売

慶洋エンジニアリングは、6月22日よりAppleCarPlay対応のBMWディスプレイオーディオに接続して使用することができる、最新モデルのAPPCASTforBMW「AN-S133」の販売を開始する。  AN-S133は、スマホのテザリングやモバイルWi-Fiで通信して、インターネット動画を車両のiDriveディスプレイで視聴することができるガジェットだ。  同商品はタッチパネル対応の......continue »

日本限定、レンジローバーに特別仕様車…日本文化と英国とのつながりを表現

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月21日、『レンジローバー』の日本限定特別仕様車「レンジローバーSVビスポーク1858エディション」と「レンジローバーSVビスポーク・バルモラルエディション」を発表し、受注を開始した。  ●SVビスポーク1858エディション  SVビスポーク1858エディションは、「SVP615LWB」をベースとしたモデルで、1858年に日英修好通商条約が締結された......continue »

三菱デリカ『D:6』準備中、D:5が19年ぶりにフルモデルチェンジ

三菱自動車は2026年に向けて新型車の投入を加速させる。その中でも注目されるのが、19年ぶりにフルモデルチェンジされるデリカ『D:5』改め『D:6』だ。『ベストカー』7月10日号(発行:講談社ビーシー/講談社)が巻頭スクープで報じている。  現行モデルのデリカD:5は、ミニバンとSUVを融合させた独自のキャラクターで人気だが、次世代モデルとしてD:6が登場するという。  『ベストカー』に......continue »

ブランド初の電気自動車「アルピーヌA290」 国内導入は「検討している」

アルピーヌ・ジャポンは2024年6月21日、「アルピーヌA290」の国内導入について検討中であることを発表した。  アルピーヌA290は2024年6月13日にルマン24時間レースの会場で公式デビュー。ブランド初の電気自動車(BEV)であり、アルピーヌを特徴づけるパフォーマンスと敏しょう性、ライトウェイトの3つの要素を備えたスポーツモデルとされている。  アルピーヌA290の主な諸元は以下......continue »

ボルボ『XC90』改良新型を発表…「Ultimate」が「Ultra」に

ボルボ・カー・ジャパンは6月20日、フラッグシップSUVであるボルボ『XC90』の改良新型を発売した。仕様を一部変更するとともに、新価格を適用した。  主な変更点として、従来のハイエンドグレード「Ultimate」の名称が「Ultra」へと変更された。従来の「UltimateB5AWD」は「UltraB5AWD」に、「RechargeUltimateT8AWDplug-inhybrid」は......continue »

ケータハムが「スーパーセブン600」発売 軽自動車枠のクラシックな軽量スポーツカー

ケータハムカーズ・ジャパンは2024年6月21日、クラシックな意匠を特徴とする新モデル「スーパーセブン600」を発表。同日、販売を開始した。  往年の「スーパーセブン」を現代風にアレンジ  ケータハム・スーパーセブン600は、1970~1980年代に人気を博した往年の「ケータハム・スーパーセブン」を、現代風にアレンジしてよみがえらせたモデルである。ケータハムはこのクルマを「昔ながらの英国......continue »

ケータハムが「スーパーセブン2000」を発売 クラシックな装いの軽量スポーツカー

ケータハムカーズ・ジャパンは2024年6月21日、クラシックな意匠を特徴とする新モデル「スーパーセブン2000」を発表し、同日、販売を開始した。  往年の「スーパーセブン」をセルフオマージュ  ケータハム・スーパーセブン2000は、1970~1980年代に人気を博した往年の「ケータハム・スーパーセブン」を、現代風にアレンジしてよみがえらせたモデルである。ケータハムはこのクルマを「昔ながら......continue »

シトロエンの新型SUVに3列シートの7名乗りを設定…受注開始

シトロエンは6月19日、小型SUV『C3エアクロス』(CitroenC3Aircross)新型の受注を欧州で開始した。フランス本国でのベース価格は、1万9400ユーロ(約330万円)と発表されている。  『C3』新型と同じスマートカー・プラットフォームを共有。新しいブランドアイデンティティと内外装のデザイン言語も採用している。  新型C3エアクロスは全長4390mmで、5人乗り仕様はセグ......continue »

ケータハムが「セブン170/セブン340」の価格を改定 約4.7~5.4%の値上げを実施

ケータハムカーズ・ジャパンは2024年6月21日、「セブン170/セブン340」の価格を改定すると発表。同日から新価格での販売を開始した。  今回の価格改定は約4.7~5.4%の値上げとなっており、ケータハムカーズ・ジャパンでは急激な為替変動や世界的なインフレーション、ウクライナ情勢、各エネルギー/原材料価格の高騰、半導体不?などによる、?動?業界とサプライチェーンへの影響を理由として挙げ......continue »

アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売

アントレックスは、最新型三輪フル電動モビリティ『EntreCargo』を6月20日に発売した。アシスト自転車や電動スクーターを取り扱う中で、顧客からの「荷物が積みきれない」「重いものを積むと危ない」といった要望に応える形で開発された。  EntreCargoは、最大90kgの積載能力と三輪のファットタイヤによる高い安定性が特徴。フル電動で楽に移動できるため、通勤や買い物、釣りやピクニック、......continue »

アウディの市販車最強の925馬力、EV初の「RSパフォーマンス」が『e-tron GT』に登場

アウディは6月18日、EV初の「RSパフォーマンス」モデルとして、『RSe-tronGTパフォーマンス』を欧州で発表した。  フロントアクスルに搭載されるモーターは最大出力239ps。RSe-tronGTパフォーマンスでは、フロントアクスルのパワーエレクトロニクスが改良された。パルスインバーターが見直されており、より高い放電電流を実現している。  リアアクスルには新開発のモーターが搭載さ......continue »

VWの新型SUV、『ティグアンL Pro』を中国で納車開始

フォルクスワーゲンと上海汽車の中国合弁、上汽フォルクスワーゲンは6月17日、新型SUV『ティグアンLPro』の納車を開始した、と発表した。  ティグアンLProは、従来の価格競争からユーザーの長期的な利益と満足度を重視する価値競争へと業界を導くという。新車登録後3年で8割の残存価値を維持するなどのプログラムを通じて、ユーザーの購入コストを低減し、持続的な価値を提供する。  ティグアンLP......continue »

ホンダのATV『パイオニア520』、カモフラージュカラーが新登場…米2025年型

ホンダの米国部門は6月19日、「ATV(オール・テレイン・ビークル)」の『パイオニア520』の2025年モデルを発表した。  このモデルは、信頼性と頑丈さで知られるサイドバイサイド車。今回新たに3色のスタイリッシュなカラーで登場する。その中でも注目されるのが、「TrueTimberAteraCamo」。これはホンダと人気のカモフラージュブランド「TrueTimber」とのパートナーシップに......continue »

三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応

三菱自動車は軽スーパーハイトワゴン『デリカミニ』および『eKスペース』のそれぞれ改良新型を、6月20日から全国の系列販売会社を通じて販売を開始した。  主な変更点として、自動車のコネクティッド化に伴うサイバー攻撃のリスク増加に対応するため、サイバーセキュリティに関わるソフトウェアのプログラムを最新の法規に適合させた。また、eKスペースには新たに2トーンのライラックピンクメタリック/ホワイト......continue »

ボルボが「XC90」の一部仕様と価格を変更 グレード名もリニューアル

ボルボ・カー・ジャパンは2024年6月20日、フラッグシップSUV「XC90」の一部仕様を変更するとともに新価格を適用し、同日、販売を開始した。  今回、エントリーグレードの「プラスB5AWD」では、従来型でオプション扱いになっていた「ダークティンテッドガラス(リアウィンドウ5面)」が標準装備とされた。  また、これまでハイエンドグレードに用いてきた「アルティメット」の名称を「ウルトラ」......continue »

VWの新型コンパクトSUV、『Tharu XR』を中国発表…ティグアンの弟分

フォルクスワーゲンと上海汽車の中国合弁、上汽フォルクスワーゲンは6月14日、新型コンパクトSUV『TharuXR』を公開した。TharuXRは、上汽フォルクスワーゲンの新たな主力SUVに位置づけられる。  TharuXRは、上汽フォルクスワーゲンの『ティグアン』新型のデザインを踏襲しつつ、最新のデザイン言語を採用している。ボディサイズは全長4355mm、全幅1762mm、全高1605mm、......continue »

墨絵をモチーフにしたデザインが特徴 「レンジローバー」にわずか4台の限定モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2024年6月20日、プレミアムSUV「レンジローバー」の限定モデル「SVビスポーク1858エディション」を発表。同日、注文受け付けを開始した。  日英の文化的な“つながり”を表現  レンジローバーSVビスポーク1858エディションは、「日本文化と英国とのつながりを表現した」という内外装を特徴とする、日本専用の限定モデルである。1858エディションとい......continue »